重要なお知らせ

「100周年 ロゴマーク」を策定いたしました

2015年04月01日

【大牟田ガスグループ 100周年ロゴマーク】



【ロゴマークのご説明】

 私ども大牟田ガスは、大正7年2月18日に大牟田市および荒尾市において都市ガス事業を開始し、今日まで97年間ご愛顧いただきましたことに対して感謝申し上げますとともに、100周年に向けて今後3年間これまで以上に一層の努力を重ねて参る決意をいたし、このロゴに表しました。

 ガス燈と2つのハートをモチーフとした「100」のロゴマークは、100年という長きに亘り大牟田ガスを支えて下さったすべての皆さまに対する私たちの感謝の思いを込め、また昨年春に弊社玄関先に2基設置いたしました「ガス燈」を通して皆さまの心と私どもの心が、これからもつながり続けますようにとの願いも込めさせていただきました。

 なお「青いハート」は天然ガスの「青い炎」から「安心・安全」を、「赤いハート」は「赤く燃えるエネルギー」から「ガスの暖かさと私どもの心のエネルギー」をイメージいたしました。

 これから100周年に向けて、一層の誠意と熱意をもってお客さまの暮らしに関するすべてのご要望にお答えできますよう、大牟田ガスおよび大牟田ガスリビングは精進して参ります。

 

【社長ご挨拶】

 長年に亘り、ご愛顧賜りましたことに衷心より感謝申し上げ、今後も引き続き、ご利用賜りますよう、私ども懸命に努力して参ります。
 今後とも末永く、宜しくお願い申し上げます。

 

平成27年4月1日        
大牟田ガス株式会社     
大牟田ガスリビング株式会社

代表取締役社長 佐藤 操