天然ガスとは

天然ガスとは

天然ガスは理想的な都市ガス原料です

天然ガスはメタンを主成分とする無色透明の高カロリーの可燃性ガスです。 汚染物質である硫黄酸化物や煤塵を発生させず、窒素酸化物の発生量も少です。 近年、社会問題となっている地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の発生量も、石炭、石油など他の化石燃料と比べ2~6割少なくなります。


天然ガスのクリーン性(石炭=100)

都市ガスとして供給される天然ガスは、熱量燃焼性の調整を行ない、また漏れた場合に速やかに知覚できるよう付臭を行っています。

都市ガスのガス種としては13Aと呼ばれるものです。




長期的に見て、都市ガス料金の安定化に貢献します。

天然ガスへの熱量変更は、既存の供給設備を有効に利用してお届けできるため、その分だけ工場の新設やガス導管の埋設工事が少なく済み、長期的に見ればガスコスト上昇度合いの抑制に役立ちます。


天然ガスは、クリーンで安全なエネルギーです

天然ガスは、メタンを主成分とし、ほとんど不純物を含まないきれいなエネルギーです。このため、大気汚染の心配がなく、クリーンな環境の保全に役立ちます。


ガス器具が全国多くの地域でもそのまま使え、引越しの際にも便利です

天然ガス(13A)への切換えは、大都市部を中心に、全国的に進んでいます。従って天然ガスに切換えると、引っ越しのさいにも同じ13Aの天然ガスの地域であれば器具の調整や買い替えの必要がなく、便利になり経済的です。




これからガス器具を買うときはどうしたらよいでしょうか?

ガス器具には使用できる都市ガスの種類がステッカーで表示されています。
「都市ガス13A」と表示されているガス器具をお求め下さい。

天然ガス用のガス器具のステッカー




天然ガスとは

新しい天然ガスの利用技術が目覚しいスピードで進んでいます


天然ガス自動車

天然ガス自動車シンボルマーク天然ガスは、排出ガスがもともとクリーンという性格をもち、ガソリンよりも埋蔵量が豊富、なおかつ都市ガスに代表されるように、私たちの身近にあるエネルギーであることに着目されています。
都市ガスから小型充填機で燃料補給も可能です。
政府も助成金制度で、地球環境にやさしい低公害車の普及促進に努めています。


燃料電池

世界の自動車業界は2003年には、燃料電池搭載の、究極の無公害車を発売すると報じられていますがこの燃料電池とはどのようなものでしょうか。皆さんご存知の水の電気分解を思い出して下さい。
これは電気を流して、水=H2Oを酸素=O2と水素=H2に分解するものですね。燃料電池は、この反応の逆を行うものです。すなわち酸素(空気から)と水素を反応させて、電気と水を作る装置なのです。
電気以外は水しか排出しないことから、究極の無公害=ゼロエミッション・カーと呼ばれています。
都市ガス会社や家電業界はこの技術を家庭用に普及すべく、現在3~4年後の商品化に向けて開発中です。燃料電池は80℃程度の廃熱を発しますので、これを給湯、暖房に利用すれば、電気と熱を同時に無駄無く使うことが出来ます。このような方式をコージェネレーションと呼び、総合熱効率は85%にも及びます。
まさに、地球に優しく、お財布にも優しい?電気を作る給湯器や暖房機の出現ですね。



燃料電池の原理
家庭用燃料電池モデル


主な製品

ダブル発電(太陽光発電)・エネファーム・エコウィル・エコジョーズなど